外来でよく診る 病気スレスレな症例への生活処方箋 エビデンスとバリューに基づく対応策

新刊書籍 New!
外来でよく診る
病気スレスレな症例への生活処方箋
エビデンスとバリューに基づく対応策



医師が知りたい医学統計

医師が知りたい医学統計


みんなが信じている健康法のウソ

みんなが信じている健康法のウソ

慈恵 分子疫学研究室

Global Health Change Agents
2018年06月14日
出版のお知らせ New!

ハーバード留学の際「。。。医師は薬の処方ができるのは当たり前、食事や運動などの生活処方ができて一人前。。。」という言葉に感銘を受けました。
その後、食事や運動のエビデンスを集め、やっと出版に至りました。


外来でよく診る
病気スレスレな症例への生活処方箋
エビデンスとバリューに基づく対応策
外来でよく診る病気スレスレな症例への生活処方箋エビデンスとバリューに基づく対応策

浦島充佳著
ISBN: 978-4260035934
発売日: 6月18日


第1章【高血圧症】
 血圧が高めなので薬を飲んだほうがいいですか?

第2章【脂質異常症】
 検診で血清脂質の異常を指摘されました。心筋梗塞や脳卒中が心配です。検査値を良くする方法はありますか?

第3章【肥満症】
 体重を減らしても、すぐにリバウンドしてしまいます

第4章【糖尿病】
 検診で血糖値がやや高いことを指摘されました。糖尿病は予防できますか?

第5章【慢性閉塞性肺疾患(COPD)】
 階段を登るときや歩いているとき、息が上がります

第6章【閉塞性睡眠時無呼吸症候(睡眠時無呼吸症候群)】
 寝ているとき「いびきがうるさく、時々息が止まる」と妻に指摘されました

第7章【過敏性腸症候群】
 左下腹部の痛みと、軟便が数ヶ月続いています

第8章【一過性脳虚血発作】
 軽い脳卒中を起こしましたが無事に退院できました

第9章【安定狭心症】
 運動時に胸骨の下あたりに違和感があります

第10章【骨粗鬆症】
 保健所で骨の検診を受けたら骨粗鬆症と言われました

第11章【椎間板ヘルニア】
 重いものを持ち上げたとき腰を痛めました

第12章【肩痛(肩インピンジメント症候群)】
 お皿を棚の高いところに戻すとき肩が痛みます

第13章【膝痛(膝の骨関節炎)】
 階段の上り下りをする際、膝が痛みます

第14章【軽度認知症(認知症)】
 最近良く物忘れをするんです

第15章【がん】
 大腸がんを予防したいのですが、スクリーニング検査を受ければ十分ですか?


2017年01月13日
東京マラソン

2月26日 東京マラソンにチャリティーランナーとして参加します。
今年は6回目ですが、自己ベスト更新にチャレンジです。


2016年2月11日
ジカ熱と小頭症との因果関係を強く示唆する論文が発表されました。 New!

ジカウイルスの存在は1947年より知られていましたが、アフリカから東南アジア、ミクロネシア、中央〜南アメリカに感染範囲を広げてきました。同時にジカウイルスは、環境に適応するため遺伝子変異を繰り返してきたものと思われます。特にNS1とNS4Bに遺伝子変異が生じたことにより、感染力をましブラジルを中心とする大規模アウトブレイクにつながったものと思います。また、同変異により神経親和性を増し、小頭症やギランバレー症候群の合併頻度が急増したとも推定できます。
下記PDFファイルには上記根拠とジカ熱対策の予想される問題点についてコメントを記しました。
ジカ熱と小頭症(PDF)


2015年09月01日
出版のお知らせ New!

医師が知りたい医学統計
よりよいEBMの実践
医師が知りたい医学統計

浦島充佳著
ISBN: 978-4489022173
発売日: 9月10日


原因論(Causality)、相関関係(association)、因果関係(causal relation)をはじめ、以下の目次の内容になります。

第I部 仮説醸成
Chapter.1 原因論:Causality
Chapter.2 地理情報システム:Geographic information system
Chapter.3 Case Series Report
Chapter.4 エコロジカル研究:Ecological study

第II部 生物統計できった医学研究
Chapter.5 標本分布:Sample distribution
Chapter.6 推定と推論:Inference and Hypothesis testing
Chapter.7 Student's t test
Chapter.8 二項分布:Binomial Distribution
Chapter.9 Poisson Distribution
Chapter.10 対象数:Sample size
Chapter.11 線形回帰:Linear Regression
Chapter.12 ロジスティック回帰:Logistic Regression
Chapter.13 生存解析:Survival Analysis
Chapter.14 メタ解析:Meta-analysis

第III部 疫学できった医学研究
Chapter.15 Risk
Chapter.16 2×2表:Two by Two Table
Chapter.17 ランダム化比較試験:Randomized controlled trial
Chapter.18 多変量解析:multivariate analysis
Chapter.19 層別解析:Subgroup Analysis
Chapter.20 記憶バイアス:Recall bias
Chapter.21 Screening biases
Chapter.22 紹介バイアス:Referral bias
Chapter.23 過剰診断:Overdiagnosis
Chapter.24 標準化:Standardization
Chapter.25 用量依存性:Dose-dependency

以下、本に載せきれなかった章をPDFで公開しております。
infectious disease (716KB)
Nonparametric (272KB)
Baye's theorem (407KB)
Cohort study (715KB)
Case-control study (217KB)
Early stopping (302KB)
Dead heat (362KB)
Tipping point (373KB)


2015年02月20日
出版のお知らせ

みんなが信じている健康法のウソ
みんなが信じている健康法のウソ

・糖質制限ダイエットはリバウンドしやすい。
・健康診断を受けても寿命は延びない。
・体に悪いサプリメントもある。
これらは全てエビデンス(臨床医学データ)に基づいた真実です。

正しい知識があれば、病気になるのを防げます。
医者が研究したデータに基づいた、正しい健康法のうち、日常、簡単にできることだけをリストアップ。

PM2.5やアレルギー対策、グローバルヘルスなど、気になる最新情報も満載。

眉ツバ健康法にはもうウンザリ、という方にこそオススメです!

浦島充佳著
ISBN: 978-4838727254


 
過去のニュース
 
お問い合わせ master@dr-urashima.jp Copyright(C)2004 Mitsuyoshi Urashima All rights reserved.